トップ-> C++入門:7章 STL-> basic_string

←前ページへ :  トップへ :  次ページへ→

19. basic_string


  basic_stringとは、文字列を表わすコンテナです。basic_stringにはstring クラスと、wstringクラスがあります。前者のstringクラスでは、今まで 使用してきたような文字列を管理し、後者のwstringクラスでは、ワイド文字をサポートする文字列を 扱います。なお、本ホームページではstringクラスのみ使用します。

  basic_stringは、STLで言うコンテナです。文字列を扱うクラスのように思われるかもしれませんが、 文字を要素とするコンテナと考えれば、コンテナクラスに属することも納得できると思います。

  なお、basic_stringは、本当の意味でのSTLの一部ではありません。しかし、STLと完全に互換性があること、 C++のほとんどのコンパイラがサポートしていること、便利なことなどから本ページではSTLの一部として 扱うこととします。


←前ページへ :  トップへ :  次ページへ→